握手の流れ

 

 

握手会の会場について前項で説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

このページでは実際に会場についてからどのような流れで握手会が行われているのかを説明していきたいと思います。

初めて行かれる方にとっては未知の領域ですので、予備知識を持って握手に臨むと緊張を軽減できることと思います。

 

それでは三つのステップに沿って説明していきますのでご覧下さい。

 

 

 

ステップ①
会場についてから

 

会場に入るためには、荷物検査と金属探知機によるチェックがあります。

 

基本的に

・飲み物を持っていると確認のために一口飲んで下さい
・傘を開いて下さい
・かばんのチャックを開いて下さい
・手荷物をなるべく少なくして下さい

 

などと言われることがありますので、あらかじめ荷物を少なめにしておくなどの準備をしておくと良いでしょう。

飲み物に関しては会場内で買えない場合がありますので、あらかじめ買っておくと便利です。
会場内に入ってからだと、一度出てから再度荷物検査が必要になるので注意!

 

 

 

ステップ②
会場に入ったら

 

 

握手会の会場に入ったら自分が持っている券のメンバーのレーンの場所を確認します。

AKB48としての大きな会場の握手会の場合、メンバーが何番レーンなのかを確認することが難しいです。

 

そのため、会場に入ったら近くにある掲示板を探しましょう。

掲示板には握手会に参加する上での持ち物に関する注意点や、当日のメンバーのタイムスケジュールレーン番号が掲示されていますので、そこで自分が持っている券のメンバーが何番レーンなのかを確認しましょう。

 

番号が確認できたら券に記載されている部の時間内にレーンに並びます。

部の時間まで時間がある人や休憩をしたいひとには、会場内にフリースペースが用意されていますのでそこで時間をつぶしたりすると良いでしょう。

 

また、会場内に生誕ブースというものがあり、メンバーの誕生日が近いため、委員の方がおめでとうのメッセージカード集めをしています。

時間があれば、覗いてみて気になったメンバーのメッセージを書いたりするのも良いと思います。

 

 

ステップ③
列に並んで実際に握手をする

 

さて、時間になったら実際に並んでメンバーとの握手です。

まず、どういった流れで握手に至るのか。

実際のレーンの作りを図にしてみました。(例にしたのは10/26:HKT48個別握手会:4thシングル「控えめI love you!」in幕張メッセ)

握手のながれれれ

 

図に示した番号の通りに進んでいき握手していきます。

受付までの並び列に並びます。

人気のメンバーのレーンになればなるほど列も混んでいますので、受付に着くまでに時間がかかる場合があります。
スムーズに通るためにも、受付の少し前に使用する握手券と身分証明書を手元に用意しておくと良いでしょう。

また、当日使用する券を整理し、専用のケースなどに入れておくと戸惑うこと無くスムーズに用意できるのでオススメです。

 


受付が済んだら荷物を預けていざ握手です。

荷物は握手する前に預けて、握手した後に受け取る形になります。

 

次に握手をする直前に係員がいますので、受付を済ませた券を渡します。
その後手元の確認をされます。
問題が無ければいよいよ握手へ。

 


メンバーと会って握手をします。

メンバーと自分の間には机と腰程度の高さの柵があります。
係員に案内されたらメンバーの前に行って握手をします。

 

基本的に個別握手券一枚に付き7秒~10秒程話をすることが出来ます。
剥がしの係に「お時間です」と言われたら握手終了の合図です。

握手が終わったら先ほど預けていた荷物を受け取り出口に向かいましょう。

 

 

握手の流れの説明は以上になります。

 

 

初めて行かれる方は緊張して話す内容を直前に忘れてしまったり、メンバーを前にして固まってしまったりするかと思いますが(自分も最初は緊張して頭の中が真っ白に!笑

少しでも握手の流れを先に知っておけば心の整理もしやすいことと思います。
これから握手に行かれる方、応援しています!!

 

 

 

次は「握手会で話す時に気をつけることは??」
という所に焦点を当てて、お話ししたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ